お使いのブラウザはバージョンが古いため、サイトを快適にご利用いただけないかもしれません。快適にご利用頂くために、今すぐブラウザをアップグレードしてください。
Webフォントが読み込まれていないため、サイトを快適にご利用いただけないかもしれません。快適にご利用頂くために、Webフォントを有効にしてください。

Operation

2019年入社

業務部 資材課

林 理斗

INTERVIEW

地元にいてもしっかりとした 組織の中で働きたいと思った

私は出身が佐伯市なので、地元でしっかりした組織という印象が強かった佐伯重工業に入社しました。
また、大学で外国文化に触れることが多かったので、世界中を航行する船舶に携わる場は、学んできたことを活かせる場に転じるのではないかと思ったのも入社理由の一つです。

和やかな雰囲気の中にも 0→1を作る製品作りのかっこよさあり

私の業務はパイプの発注です。材料調達は製品作りにおいて0を1にする工程だと私は思っています。しっかりしたプランがあって、たくさんの人が作るスタンバイをしていても、材料がなければものづくりは始めることができません。スムーズな製作には、確実で素早い材料調達が必要だ、といつも意識して仕事をしています。
また、部署内の雰囲気はとても和やかです。自分で言うのもなんですが、上司や先輩には遠慮せずに疑問をぶつけています。誰に聞いてもとても親身に教えていただけるので、ことあるごとに声をかけてしまいます。自分で考える癖をつけなければ!と思っています。

担当外のこともできるように 積極的に社内で関わりを持ちたい

今後仕事で携わりたいことは、パイプ以外の発注です。課内で分担して注文をしていますが、誰かがお休みした時に自信をもって代わりに発注できるように、注文するものの幅をどんどん広げていきたいです。
また、発注はどうしてもデスクワークが中心になりがちです。私の頼んだものが、工場内のどこでどんな風に使われているのかを実際に見る機会はとても少ないです。これから、製作工程に携わる人と積極的に関わることで作業への理解を深め、注文の内容でその材料が船のどの部分を作るものなのかすぐに判断できるようになりたいと思っています。